スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

祖父の13回忌

 2010-08-13
今日は祖父の13回忌。
私は参加できていないので、せめて祖父への想いを馳せてみようと想って
アルバムをめくってみた。

小さい頃は祖父が特別可愛がってくれたと母から聞いた事がある。
でも物心ついた時は祖父は威厳のある近寄りがたい感じだった。
当時はすでに鹿児島に祖父達は住んでいたので、夏休みは決まって鹿児島に
1ヶ月程いた。

祖父はとてもハンサムな人だった。
ロシア人みたいな感じの顔立ちで背筋がピンとしていて寡黙な感じ。
時々、祖母に怒っているのを見て「怖い…」と想ったものです。。笑。

鹿児島で夜寝ていると外から祖父が「起きてこっちに出てきなさい」と言われた。
姉と従姉妹と出ていくと、畑にもの凄い大きなごつごつしたカエルがいて、
懐中電灯で照らして見せてくれた。そのカエルの光景は今でも鮮明に覚えている。
でも、私達女の子。。。そんなに嬉しい光景じゃなかったのを覚えている。。

祖父が入院してお見舞いに行った時、祖父にご飯を食べさせてあげた時の気持ちは
とても複雑だった。あんなに凛としてた祖父が孫にご飯を食べさせてもらうのは、
あまり喜んでない気がしたのです。そういう姿、見せたくないんじゃないかなって。

亡くなってから長い年月が経っている。
13回忌はきっと祖父は皆に会いにきてるだろう。
少し心残りだけど、今日一日は祖父を思い出していたいと想います。


1111.jpg
祖父に遊んでもらっています


2222.jpg
姉(右)と私(左)いつも私は変わった顔をして映ってます…
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ayakono.blog89.fc2.com/tb.php/72-2141867e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。